【50代からの資格】MOSで「50代でもパソコンできる」アピール

資格

MOSとは

MOSとはマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格の略です。WordやExcelなどのスキルをマイクロソフト社が公式に認定するものです。この合格に向かって勉強すればパソコンのスキルもアップ、「私はパソコンができます」と口にしなくとも、世界で通用する資格です。



50代でなぜMOSは必要か

ミドルシニア世代の就活や転職のネックになっているのは、パソコンのスキルが大きいです。現代のビジネスにおいてはネットワークやシステムの構築や知識が重要で、アナログ人間は価値が下がります。しかし今でも50代の一部はパソコンを苦手と言い切り、部下に頼ったり、根性論で片付けようとしています。それは旧時代のやり方で、現在は通用しませんし、若い人に嫌われます。

しかしパソコンのスキルがあれば、その評価は一転します。経験豊富でパソコンにも詳しい人材は、どんな組織にも重宝されます。MOSはパソコンのスキルを客観的に示す意味でとても重要な資格です。

【50代の転職】仕事に必須の「パソコンスキル」
50代の仕事/転職に必須、逃げられない・・・ 50代でもパソコンが使えない人は仕事も転職も難しい時代 コロナ禍でテレワーク、リモートワークなどオフィス外で仕事をする割合が増え、今後も増えていくと考えられています。これまであまりパソコ...



MOS試験の概要

MOS資格にはいくつかの科目やレベルがありますが、一般的にはWord(ワード)とExcel(エクセル)、必要であればPowerPoint(パワーポイント)まで取得すれば十分だと思います。

Word(ワード)とExcel(エクセル)はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)に分かれています。上級資格の方が効果的ですが、一般資格でも業務で十分活かせます。



MOSの受験方法

受験方法は毎月1~2回の「全国一斉試験」と各試験会場が設定する「随時試験」に分かれています。2つの試験方法は全く同じで、違いはありません。「全国一斉試験」は試験日の約1ヶ月前からオンラインまたは郵送で申し込みできます。「随時試験」は各試験ごとに異なるため確認が必要です。


MOSの合格率

公式に発表されていませんが、通信講座のu-canによるとスペシャリストの合格率は約80%、エキスパートの合格率は約60%だそうです。そしてパソコンスクールでの合格率はなんと90~95%だそうで、確実に合格したいならスクールに通った方がよさそうです。

【50代の資格取得】ITパスポート取得で知識と自信をつける
ITパスポートとは ITパスポートはITの基本、情報処理技術の基礎的な知識を学ぶ国家資格です。IT技術者に限らず、これからは幅広いビジネスパーソンがITについて正しく理解することが求められる時代となることから、2009年から始まった比...



MOSのテキスト

それでも「スクールに通う時間はない」「独学で学びたい」という人にはオススメのテキストがいくつかありますのでご紹介します。

【Amazon.co.jp 限定】MOS 365&2019 対策テキスト&問題集 セット(Word&Excel) (よくわかるマスター)

MOS PowerPoint 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

最後に一言

いくら仕事ができても、いくら真面目でも、いくらリーダーシップに優れていても、パソコンが使いこなせなければ、会社で私たちの世代はただのおじさん/おばさん扱いされます。

採用担当をしている知人が言っていました。「50代は面接時に「パソコンを使える」と必ず言ってきますが、使える範囲がかなり狭く、それ以上のスキルを身につける努力をしません。だから採用しても周囲からの不満が多く、いい人材と認めても結局若い人を優先してしまうのです」と。

この資格を持っていても、直接採用には結びつきません。しかし50代はパソコンが苦手という負のイメージを払拭するアピールにはなります。攻撃的ではありませんが、守備的には使える、そんな資格です。実は私も次は挑戦してみたいと思っています。一緒に頑張りましょう!

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました