転職に最も役立つ鉄板の就職支援機関「ハローワーク」

転職/独立/副業

これまで転職エージェントや転職サイトの活用について紹介してきました。

しかし何と言っても最も役に立つ鉄板の就職支援機関は「ハローワーク」でしょう。



幅広い年代の転職に最も役立つ「ハローワーク」

正式名称は「厚生労働省 公共職業安定所」で略称「職安」です。「職安」というと暗いイメージがありますが、仕事を失った人にとって今も昔も変わらず支援してくれる便利な機関です。

「わざわざ行って探さなくてはいけないのが面倒」「職員が冷たそう」と思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそんなことありません。

「登録が面倒くさそう」「どうしたらいいかわからない」という声もよく聞きます。

登録はとても簡単、事前に回答した希望職種や条件などは登録後も簡単に修正できます。

求職中、または転職を考えている人なら、必ず登録しておくべきです。

ハローワークではほぼ全職種の求人情報があり、正社員、契約社員、パート、アルバイトなど勤務形態も豊富です。

ハローワークインターネットサービスで仮登録

直接ハローワークに行って登録する方法もありますが、まずはハローワークインターネットサービスを利用して仮登録を済ませてから行けば、受付では確認程度の短時間で本登録をすることができます。

ハローワークインターネットサービス - トップページ

登録(仮登録も含め)の際は、個人情報、これまでの職歴、希望の仕事内容などについて、相当細かく回答する必要があります。全ての項目に必ず答えなくてはならないわけではありませんが、より詳しく回答して情報公開した方が、仕事を獲得するチャンスは増えます。

登録してもらえるのは「ハローワーク受付表」と書いたA4サイズのペラの紙。そこに自分の名前と合わせて給食番号が記されてありますが、この番号がとても大切ですので、必ず写メを撮っておくなどどこかに控えておきましょう。

求職者マイページの開設が便利

ハローワークといえば仕事を検索するのに、わざわざ足を運ばなくてはできないと思っている人がいます。私もそうでした。

しかし「求職者マイページ」に登録すれば、自分のスマホやタブレット端末、自宅のパソコンなどから「仕事を検索」「気になった求人を保存」「ハローワークで紹介された求人内容や応募履歴の確認」「メッセージ機能によ理、ハローワークからの紹介で応募した求人企業とのやりとり」などのサービスも利用できるようになります。

求職者マイページの開設にはEメールアドレスの登録が必要です。Eメールアドレスの登録もハローワークオフィスでする必要がありますので、登録時に忘れず同時に済ませるようにしましょう。

求職者マイページの登録が済めば、ハローワークに行かなくても仕事の検索ができます。そして気に入った仕事が出てきた時は、申し込みや相談に行くことになります。

「職安」の暗いイメージではなく、親切で明るかったです!

自分も最近はコロナ禍でのフリーランスの仕事に不安を覚えるようになり、副業も含めて仕事の見直しを考えるようになりました。

家族からはハローワークに行くように勧められましたが、「職安に行くのか・・・」と前向きになれませんでした。

しかし行ってみると職員は親切で感じがよく、1つ1つの質問に笑顔で答えてくれました。私が思っていたような暗い雰囲気の場所ではありませんでした。

ただ私のようなマスコミ系の仕事は、地方ではあまりないかもしれません。それでも根気強く求職活動して、今の仕事を見直したいと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました