50代はまだ道半ば 最後まで生き抜く勇気を

コラム

2020年9月の自殺者は1805人で、前年より143人増えたそうです。ニュースによると男性が去年より0.4%増の1166人、女性が27.5%増の639人と、特に女性が大幅に増えたそうです。



「男はつらいよ」から「女もつらいよ」の時代に

実は私はこれまで男性の自殺者の比率がそこまで高かったことを知りませんでした・・・男女同じくらいかと思っていました。男は辛いのですね・・・これまで女性も大変だったと思いますが、コロナでさらに「女もつらいよ」という辛い時代になってしまいました・・・。女性や若者が元気でない世の中は、活気がありません。

自殺の理由はコロナ禍で仕事を失った、孤立化した、など生活にこれまでと違ったネガティブな変化が起きた人がほとんどでしょう。

確かに先行きの見えない時代です。誰も深い訳、事情があり、簡単に自殺したわけではないと思います。

ただでさえ厳しかった生活がさらにきびしく、そして寂しくなっていきます。

そして自分のことしか考えていない政治家たちを見てると、この国に希望など持てないのは当然でしょう。


関係ないのに人を貶めようとする「韓国型人間」には倍返し?それとも・・・
50歳を過ぎて人の悪口を言いたくはありません。しかし何を言われても黙っても要られません。韓国はユネスコの世界遺産登録や、福島第1原発の処理水放出の件で、直接日本に言うのではなく、世界に向かって日本の悪口を発信して、日本のイメージダウンを仕掛...

命を大切に、運命を受け入れる

でも授かった天命、生きていかなくてはならないと思います。苦労から学ぶことは多く、それは本当の幸せとは何かを見つける機会でもあるかもしれません。

嫌だと思えば、なんでも嫌になります。辛いと思えばなんでも辛く思えます。そういう顔になってしまいます。

周りはあなたの笑顔を見たがっているはずです。馬鹿になったつもりで笑っていきましょう。そしてこれでいいのだ、開き直って、太々しくいくていきましょう。

いずれにしても人は皆、いつかは死ぬのです。生きたくてもそうでなくても・・・だからこそ、最後まで生き抜く意味を、今一度考えてみましょう。

↓ブログ村ランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました