【50代から転職】使えるお勧め転職エージェント10選

転職/独立/副業

現在50代の私がまだ若かった頃に比べ、今では転職は一般的なものになっています。それでも40代50代が新たな仕事に就く難しさは以前にも増して厳しい時代になっています。特にコロナ禍においては、一層厳しいものとなっています。

50代からの転職はエージェントの力を借りたい

小泉政権下から始まった格差社会はコロナ禍でますます拡大

この30年を振り返ると世界各国が経済成長をする中、日本は経済政策の誤りによりデフレ経済が長引き、完全に取り残された状況にあります。

小泉政権下では規制緩和や派遣労働の拡大などの政策を行った結果、格差が広がる社会が生まれました。現在は少子化で人手不足ですから、本来は誰にでも仕事があり賃金もそれなりに上昇するはずです。しかし政府は「実習生」などと外国人労働者を受け入れ低賃金で働かせていることから、日本人労働者にもそのしわ寄せが来ています。結果、経済は悪くなるばかりです。

国から給料をもらう公務員か大手企業の正社員以外は、低賃金かつ不安定な待遇で我慢しなくてはいけない時代です。負け犬と言われれば反論もできません。泣き言も言えません。



職歴に見合った仕事や待遇はなく 50代は生き残りゲームへ

40代50代で実務経験が豊富であれば本来は管理職として、あるいは現場のリーダーとして活躍の場もあるはずです。しかし残念ながら日本の企業においては、賃金の低い若手にその仕事を任せたいのです。この状況下では管理職として求人に応募したところで、面接すらしてもらえないのは当たり前になっています。

それでも私たちは仕事の場を見つけなければ生きていけません。そのための強い味方として役割を果たしてくれるのが転職エージェントです。アラフィフの中には「転職エージェントは若い人向きだろう」という人もいますが、そんなことはありません。40代50代でも相談に乗ってくれて職業やポジションを紹介してくれるエージェントがあるのです。

転職エージェントをインターネットで調べると、かなりの情報があります。私たちどこでも登録すればいいわけではありません。40代50代で登録するべきエージェントを調べてみましたので簡単に紹介します。

50代の転職で期待できそうなエージェント10選

<必ず登録したい総合&大手3社>

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートグループとして20万件以上の非公開求人数を誇る日本全国を網羅した転職業界No1の実績を誇る転職エージェント。管理職やハイキャリア向けの求人も扱っています。

パソナキャリア

人材派遣での実績からエージェントとしてもコンサルタントのクオリティが高く、全国に拠点がありきめ細かいサポートが期待できます。

詳しくはこちら

doda

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の機能を兼ね備え、求人情報を確認しながら、サポートを受けることができます。

詳しくはこちら

<地域に強い2社&特色あるユニークな1社>

ヒューレックス

地域に強く「転勤ナシ」の求人が多数あり、UターンIターン転職希望者や地元での仕事探し、正社員・契約社員の求人情報に強いエージェント。大手サイトには掲載されないきめ細かな求人情報を多数持っているのが特長。

リージョナルキャリア

Uターン・Iターン転職を支援する【リージョナルキャリア】。全国の地元優良企業の正社員求人を多く扱っています。求人のご紹介の他、専任コンサルタントによる面接対策、転職ノウハウのご提供など転職活動をサポート。

詳しくはこちら

ミイダス

登録内容をもとに自分の市場価値を診断してくれる新しいスタイルの転職エージェント。希望条件と診断結果に合致した面接確約オファーが届くのが特長。無意味なオファーはないので無駄なく効率よく転職活動ができます。

現職が一流企業の管理職や専門的職務で年収1千万円を超えている人向けには、ハイクラス&管理職に特化したことを売りにする転職エージェントもあります。

【50代からの転職】ミドルシニアが利用する求人サイト6選
役立つ求人サイトを選び、希望条件を登録! 転職については転職エージェントを活用することがをお勧めしますが、50代では希望通りの紹介やサポートが得られずに、成果が出ないこともあります。

ハイクラス&管理職向けの転職エージェント 4選

ビズリーチ

あなたの経歴に合ったスカウトが大手企業・ヘッドハンターから届きます。 35歳以上転職者の平均年収が850万円。高年収求人、大手企業の求人も多数掲載

詳しくはこちら

JACリクルートメント

管理・専門職、ミドル・ハイクラス向け。高年収層に特化し、外資、海外転職に特に強みをもった総合転職エージェント(人材紹介会社)。

詳しくはこちら

上記で紹介した総合&大手でも、ハイキャリアを扱う専門のブランドを持っています。

dodaエグゼクティブ

詳しくはこちら

パソナキャリア ハイクラス

詳しくはこちら

最後に「今は我慢することも選択肢の1つ」

しかし現状ある程度の高待遇、あるいは仕事内容が充実していて、ある程度の満足感がある人は、今は転職の好機ではないことを知っておくべきです。多少の不満があっても、今のまま我慢することも選択肢に残しておきましょう。上級職から上級職への転職は、現在の状況ではマイナスになることが多いです。

しかし今、仕事がなくて困っている人は、今すぐにでも行動を起こしてください。手遅れにならないうちに・・・

↓ブログ村ランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました