【50代の資格取得】FP技能士3級を一発合格する学習方法

資格

お金の知識を学ぶ資格です

 

日本人は欧米人に比べ、お金の知識が乏しいと言われます。「人前でお金の話をするのは恥ずかしい」「お金儲けはよくない」とする昔からの独特の概念が影響しているように思います。

以前のように経済が自然に成長している時代であれば、それでもよかったでしょう。ただ、現在のような不況下においては、特に年齢を重ねるにつれ、税金、保険、金融、資産などお金についてしっかりした知識を得ることは、必要不可欠です。そのような知識を学ぶためにファイナンシャル・プランニング(FP)技能士の試験に挑戦することは有効です。今回はその入門編ともいうべき資格「ファイナンシャル・プランニング技能士3級」についてお話しします。

ファイナンシャル・プランニング技能士3級とは

国家資格である技能検定制度の1つです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、税金・保険・年金・金融・保険・不動産などの幅広い知識と視野を持つ、お金の総合エキスパートです。ファイナンシャル・プランニング技能士3級はその入門編とも言える資格で、試験対策ではそれぞれの基礎を学びます。


ファイナンシャル・プランニング技能士3級を仕事に活かす

銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや住宅販売など不動産業界で役立つ知識を学びますが、50代の就活ではこの資格が直接的に有利になるとは考えにくいです。ただ全く役に立たないわけではなく、国家資格ですから履歴書に書けば印象もよくなり、実生活においても大いに役立つはずです。

【50代からの資格】50代にお勧めの資格まとめ&10選
50代で取得すべき資格とは 50から転職のためにさまざまな資格取得に挑戦してきた私。その経験から50代で役立つ資格は何か、個人的な考えをまとめました。 まず私が以前書いた「50代の資格取得の選び方」をおさらいします。 1.国家資格...

ファイナンシャル・プランニング技能士3級 試験情報

受験方法がちょっと複雑で、試験実施団体は日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下「FP協会」と書きます)と金融財政事情研究会(以下「金財」と書きます)があります。受験者は好きな団体を選べますし、どちらも同じ資格が得られます。違いは実技試験の科目が、FP協会は「資産設計提案業務」であるのに対し、金財は「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」から選択することです。保険の外交員は金財の「保険顧客資産相談業務」を受験するようですが、一般的にはFP協会なら「資産設計提案業務」、金財なら「個人資産相談業務」を選ぶことになると思います。最近の市販のテキスト、問題集では両方に対応できるようになっていますので、どちらを選んでも問題ないと思います。「保険顧客資産相談業務」については、違った学びが必要になるかもしれません。



<試験日程と会場>

2021年度の試験スケジュールはまだ発表されていません。毎年度3回、同じ時期に行われますので、以下の昨年度のスケジュールをご参照ください。

2020年度の実施日:5月24日(日)、2020年9月13日(日)、2021年1月24日(日)*5月24日の試験については新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となりました。

試験は日本全国の都道府県で行われます。FP協会と金財は同じ日程で別会場で試験を行いますので、掛け持ち受験はできません。

<受験手続き>

試験の申し込みはウェブサイトから手続きできます。

日本FP協会

https://www.jafp.or.jp/exam/app/3fp.shtml

金財

https://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/apply/index.html

受験料はFP協会と金財とも学科・実技各3,000円で合計6,000円です。

<試験科目と合格ライン>

日本FP協会

学科 筆記(マークシート形式) 60問 120分 36点以上(60点満点)

実技 筆記(マークシート形式) 20問 60分 60点以上(100点満点)

金財

学科 筆記(マークシート形式) 60問 120分 36点以上(60点満点)

実技 筆記(事例形式) 5問 60分 30点以上(50点満点)

つまり60%の正解が合格ラインです

学科試験の試験科目はFP協会金財とも共通で以下の通りです。

・ライフプランニングと資金計画 

・リスク管理 

・金融資産運用 

・タックスプランニング 

・不動産

・相続・事業承継

実技試験科目

FP協会 資産設計提案業務

金財 個人資産相談業務 または 保険顧客資産相談業務 より選択



ファイナンシャル・プランニング技能士3級試験の合格率

FP協会の2019年の合格率は以下の通りです。

学科 1月 74.09%     5月  69.07%     9月 74.09% 

実技 1月 83.38%     5月  86.42%     9月 79.48%

金財の2019年の合格率は以下の通りです。

学科 1月 51.91%     5月  42.76%     9月 62.77% 

実技 1月 47.75%     5月  49.25%     9月 44.38%

FP協会の方がかなり合格率は高めです。金財は法人申込の受検者が多いことや、実技試験が専門的で難しいことが理由だと言われています。FP協会で受けた私は金財のことはよくわかりませんが、やはり合格率が高い方をお勧めしたいです。受験者の中には現在金融関係の仕事をしている人もいると思いますので、私のような業界未経験者の合格率は、実際の数値よりも下がると思います。それでもFP協会の試験では学科実技ともに合格して資格を取得している人は70%以上いますので、しっかり準備すれば大丈夫だと思います。

【50代の資格取得】FP技能士2級と3級の違いは?
このブログでは50代で役立つ取得すべき資格について、自身の経験もから具体的にご紹介しています。今回は「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」についてお話しします。

私の「ファイナンシャル・プランニング技能士3級」学習方法

「過去問をやれば合格できる」という人もいますが、暗記だけでは知識になりません。知識にならなければ、資格は無意味です。特にタックスプランニングやライフプランニングといった、FPの核ともいうべき科目は簡単ではありませんので、基本的な理解とイメージをつかむことがことが結果的には効率のよい学びとなります。私はそれぞれの科目を理解するために市販の問題集だけでなく、映像のついた講座を利用しました。その後テキストを読み込み、最後に仕上げとして過去問を繰り返し解きました。

過去問対策から入っていても合格はできていたかもしれませんが、それでは理解が深まらないため時間がかかったと思います。私の友人はその方法で合格しましたが、今ではすっかり学んだことを忘れてしまったと言います。私は何年か経っていますが、やはりまだ頭に残っていますし、人に聞かれて答えられることも多いです。

どちらがいいかは一目瞭然でしょう。DVDや映像付きの講座は市販のテキストや問題集に比べやや高いですが、保存版で取得後も役に立ちます。またファイナンシャルプランナーは人気の資格ですので、試験後はメルカリなどのサイトで売れば買い手がつきます。

この試験は最新の法令に基づき出題されます。古いテキストや教材を使っている人は要注意です。この資格を実務で使う人も、個人的に使う人も、基礎を学んだ上で最新情報の収集に努めることが大切です。

50代でファイナンシャル・プランニング技能士3級を取得した感想

先に書きましたように、この資格を持っていても就活や実際の仕事に直接結び付くとは考えにくいです。ただ、試験対策で学ぶ内容は50代の人間として知っておかなければならないこと、知らないと恥ずかしい知識ばかりだと思います。もちろん履歴書に書けますし、知らない人からは「ファイナルプランナーの資格持っているんだね!」と言われたことがあります。まず、どんな資格を取得しようか、悩んでいる人にはお勧めかもしれません。特に親の終活などに関わっている人は、相続や不動産など勉強することはきっと役に立ちます。相続でもめた時も、「ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を持っている」というのは武器になるかもしれませんから。



私が実際に使った&お勧めの教材/講座

初めての学びには映像講座が有効だと思います。市販の教材では人気シリーズ「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」のテキストとそれに対応するDVDがお勧めです。まず映像講義で学習イメージを掴み、テキストで理解を深めるのが最も効果的です。もし金融関係で実務経験のある人や詳しい人はテキストだけで十分でしょう。DVDは少し高いですが、試験が終わればメルカリなどでそれなりの金額ですぐ売れると思います。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2020-2021年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! FPの教科書・問題集 速攻マスターDVD 3級 2020-2021年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

市販の教材で学ぶなら、過去問対策として問題集も1冊あった方がいいと思います。私が実際に購入したのは「史上最強のFP3級問題集」でしたが、「うかる! FP3級 速攻問題集」もとてもよくまとまっていて、いずれも追い込み学習にはバッチリだと思います。

史上最強のFP3級問題集 20-21年版 (史上最強のFPシリーズ)

うかる! FP3級 速攻問題集 2020-2021年版

人気の資格ですので通信講座もたくさんありますので、自分に合ったものを探してみてください。比較的合格率の高いFP3級ですが、金融業の実務経験のない私のような人間には簡単ではありませんでした。高い受験料を無駄にしないために、一発で合格したいですね。またFPの勉強は自分のための勉強でもありますので、しっかり基礎になる学習ができる教材を使用することをお勧めします。頑張ってください!

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました