【50代の資格取得】「宅建士」は難関 取得後は役に立つ?

資格

このブログでは50代で役立つ取得すべき資格について、自らの経験から具体的にご紹介しています。今回は残念ながら断念した「宅建士」についてお話しします。

宅建士とは?

宅建士はとても知名度の高い資格ですが、改めて簡単に説明します。一言で言うと、不動産取引の専門家です。

不動産取引は高額ですが、契約書類の内容は複雑でわかりにくく、一般の人にはなかなか理解できません。理解できないまま契約してしまうと、その後大きな問題が発生した時に契約者が不利益を被ることもあります。そのようなことのないようにお客様に重要事項をわかりやすく説明するのが宅建士の仕事です。

重要事項の説明は不動産会社の社員なら誰でもできる、役員やベテラン社員ならできる、というわけではありません。宅建士の有資格者だけが行うことができます。つまり不動産取引は宅建士がいないと成り立たないのです。

宅建士を仕事に活かす

不動産販売、仲介、建築、住宅メーカーなどの不動産関連の業界はもちろん、金融関係や不動産管理会社でもそのスキルを生かすことができます。もちろん資格手当なども期待できます。そのようなこともあり、長年にわたり根強い人気の資格の1つとなっています。



宅建士 試験情報

<受験資格>

試験には受験資格がありません。年齢・国籍・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。

<試験の概要>

試験科目は「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税と価格に関すること」の4科目で、4択マークシート形式の試験です。 

【50代からの資格】50代にお勧めの資格まとめ&10選
50代で取得すべき資格とは 50から転職のためにさまざまな資格取得に挑戦してきた私。その経験から50代で役立つ資格は何か、個人的な考えをまとめました。 まず私が以前書いた「50代の資格取得の選び方」をおさらいします。 1.国家資格...

<合格ライン>

全部で50問あり、およそ7割(35点前後)の得点率で合格できるといわれます。内訳は以下の通りです。

<問題数>

宅建業法 20問

法令上の制限 8問

*税その他の法令  *8問

権利関係  14問

科目ごとの最低ラインはありません。「税その他の法令」については不動産業界で働く人は「登録講習」を受けることができる特権があります。受講すると、その後3年は5問が免除されます。

<試験日程>

毎年1回、10月の第3日曜日・午後1時~午後3時(2時間)に行われます。

試験の詳細は主催者「不動産適正取引推進機構」のホームページで確認することができます。

http://www.retio.or.jp/exam/takken_shiken.html

*新型コロナウイルス感染拡大の影響により試験日程は変更、延期、中止になることも予想されます。受験予定の人は予めご確認のうえお申し込み下さい。


【50代の資格取得】目的を見失わないように注意を
資格取得の目的を忘れないでください 50代からの人生を生きるために、資格を取得したり、そのための学習をすることはとても大事です。 資格取得のための学習は、プレッシャーもありますが、合格して仕事に就いた自分を思い浮かべれば、モチベーション...

宅建士試験 合格率

宅建士のここ数年の合格率と合格ラインは以下の通りです。

平成30年度 15.6%   37点

平成29年度 15.6%   35点

平成28年度 15.4%   35点

平成27年度 15.4%   31点

平成26年度 17.5%   32点

毎年受験者は約20万人、合格者は15%前後の約3万人です。このように合格率の大きな揺れはありません。他の試験と違い「点以上で合格」という明確なラインがないため、上位15%程度が合格と定めているからです。つまり「今年は狙い目」「今年は厳しそう」という傾向がないのです。それだけ常に難しいということです。



私は「宅建士」受験を断念しました

私は不動産広告を扱う仕事を長くしていたので、上司や同僚にも宅建を持っている人がいて、興味を持ちました。しかし宅建士の試験勉強を始めて、不動産業界の経験がない私にとっては、非常に学習範囲が広く、他の資格との平行学習は難しいと思いました。以前から興味があった分野で、講座や教材も見つけたので、集中すればいけるのでは、という思いもありすごく悩みました。

しかし実際に不動産業者の人に話を伺った時に、「宅建を取得してもあなたには実務経験がないので、年齢的に採用してもらえないのでは」と言われたのです。確かに資格は受験資格なく、年齢も実務経験も問われませんが、就職という意味では50代でこの資格を取得しても、それを仕事に生かすのは厳しいように感じました。私はこの時期に複数の資格の受験予定がありました。宅建士を諦めたおかげで1年間で他に4つの資格が取れました。今はそれでよかったと思っています。

よく「宅建士の受験者層はサラリーマン、学生、主婦と実に多様で受験のしやすさもあり、あまり勉強していない人も数多く受験しているから、実際にはそれほど難易度は高くない」と言う人もいますが、そんなことはありません。十分難易度の高い資格だと思います。40代前半くらいまでにとっておけばよかったかな・・・



挑戦する人は頑張ってください!

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ



タイトルとURLをコピーしました