【50代の学び】「文章力」の基本を学びブログデビュー?

学び/教養

文章力を高めることは間違いなく生涯必要なスキルです。今回は50代から文章力の基本を学ぶというテーマで簡単に書いていきます。

「文章力」を磨くメリット

文章を書くというスキルは仕事でも日常生活においても基本的で大切なものですが、意外におろそかにしている人が多いです。もちろん綺麗な字を書くことも大事ですが、パソコンスマホ全盛期の今は、簡潔にわかりやすい文章を短時間で書くことが求められています。そのためには日頃から書くことを学び、慣れることが大切です。以下に文章力を磨くメリットをまとめました。

誰でも手軽にできる

ペンとノート、またはパソコンさえあれば誰でも今すぐに始められます。

必ず上達できる

文章は書けば書くほど慣れてきます。その時に正しい書き方を意識することで、文章力は必ずアップします。

万能スキル

仕事はもちろん私生活でも常に役立ち、周囲から高く評価されます。

生涯使えるスキル

思ったことを文章で表現できないと、将来思ったようなエンディングノートも書けません。そういう意味からも文章力は人生の最後の最後まで、生涯使えるスキルと言えます。

デメリットは全くありません

50代からでも学べる通信制の大学
50代から通信制大学の学生になりました 私はすでに一度大学は卒業していましたが、50歳を過ぎてから、通信制の大学に編入し学びました。 理由はその大学に私の学びたい特別支援教育の授業と資格があったからです。周囲からは「今さら大学に行か...

文章力アップのための基本技術&考え方

シンプルな文章を書くことを心がけることが大切です。凝りすぎたり、頭でっかちで何を書いているのかわからないのが最悪です。

1.わかりやすく読みやすい文を意識する

2.1つの文をダラダラ長くしない

3.句読点を的確に入れる

4.主語と述語、修飾語と被修飾語はなるべく離さない

5.ボリュームがある文章を書く場合は、全体の構成を最初に考える。(いきなり書き出さない)

これだけ意識するだけでも、ずいぶん変わると思います。詳しくは専門書、また講座で身につけることをお勧めします。



「文章力」の学び方

本で学ぶ

多くのブロガーが推薦する「文章力」を磨くための書籍を3冊紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

毎月3,000本以上の記事を配信し続けるカルチャーニュースサイト「ナタリー」で実践されている文章の書き方を、一般向けに解説する初めての書籍です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社 e-SHINSHO)

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業”

大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる

ベストセラー17万部突破の『語彙力こそが教養である』の著者・明治大学齋藤孝先生が、普段気になる「語彙力」を実践的に紹介

講座で学ぶ

全国各地のカルチャーセンターで講座が開かれています。本で学ぶより費用はかかりますが、講師に添削してもらうことで確実にスキルはアップします。通信講座もあります。

【50代の学び】通信講座で学びたい仕事と趣味の教養/知識
コロナ禍の「ステイホーム」で注目を集めているのが通信講座での学び。先日は通信制大学についていくつかご紹介しました。



簡単にできる身近なトレーニング方法

日記も三日坊主、継続に自信のない人も多いでしょう。文章を上達させるには日々書いて慣れることが大事です。

1.三行日記を書く

2.ニュースの感想をメモする

慣れてきたら

3.ブログを始めてみる

4.ショートエッセイに挑戦(文字数など決めずフリースタイルで思ったように書いてみる)

さらに慣れてきたら

5.書いた文を投稿/エッセイコンクールなどに応募してみる

スキルアップのコツ

書きっぱなしにせず、より良い文章になるように何度も見直して、修正して仕上げていきましょう。

1.人に読んでもらい意見や感想を聞く

2.自身も時間をおいて読み返す

3.修正または書き直してみる

4.上記を何度か繰り返す

文章は慣れれば上達します。そして他人から意見を聞くことで、さらによい文章が書けるようになります。頑張りましょう!

↓ブログ村ランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました