【50代から英会話】口元の筋肉を英語モードに鍛えよ!

学び/教養

アウトプットを増やそう

私は英語教育の専門家ではありませんが、独学で苦労して身につけた中で、日本の英語学習法や英語教材についていろいろ思うところがありました。それについてこれまで何度か書いてきましたが、今回は最もお伝えしたかったことを書いていきます。

私は日本人の英語理解は、本当はかなり進んでいると思います。簡単な読み書きができる人も少なくありません。

【50代から英会話】既に誰でも英語は話せるのです!
英語が話せることに気がついていないだけです 皆さんは誰かと英語で話しをしたことがありますか? 仕事で海外に赴任した人、出張で行った人。 日本で外国人観光客に道を尋ねられた人、あるいは海外旅行先で道を聞いたことがある人。 若い人な...

また、リスニング力を鍛えるため、通勤時間など隙間時間を利用して、聞き流しの英語教材で勉強している人もいます。

私はそれに比べて発信力、アウトプットが圧倒的に足りていないのでは、と感じています。これは日本人の控えめな性格にも関係があるように思います。その殻を破ると、英語力は一気に伸びると思います。もちろん50代からでもです。

語学ではもちろん脳の働きは大切ですが、口元の筋肉が英語に慣れてくれないと、いくら脳から指令が出てもアウトプットはできません。


ネイティブスピーカーとの会話が一番ですが・・・

リスニングや聞き流しの教材が悪いと言っているのではありません。

それらと合わせてスピーキングの練習をすれば、より効果的だということを言いたいのです。

そのためには英語のできる相手と会話するのがいいと言われます。私もそう思います。

その場合、相手はネイティブの方がいいです。綺麗な英語で返してもらうと、こちらも似てきますし、言い回しなどとても勉強になります。

英語が母国語ではなく一生懸命覚えた、という人と話す場合は、その人の発音や言い回しに慣れるまで時間がかかるかもしれません。

私は英語圏で生まれ育った友人と過ごす時間が多かった時に、一番英語が上達したように思います。逆にアメリカで10数年暮らしているという韓国人や中国人の友人とはそうでもありませんでした。会話は成立しますが、それ以上がないのです。

それでも、人と話すことは、何よりも語学上達への近道となります。

今はオンラインなどで練習相手を見つけることもできますね。



ストレスをためずに自身のやり方&ペースが一番

でも、50代だとちょっと恥ずかしかったりします。若い頃なら「そんなことで恥ずかしがっていたら英語はいつまでたっても話せるようにならないぞ!」という話になりますが、50代の今はそんなことで自分に厳しくしたり、ストレスを溜めないほうがいいと思います。

私は中年と言われる年齢から一人、独学で本格的に英語の勉強を始めました。

いろいろな本を読み、実践し、試しました。

日常英会話、ビジネス英会話のフレーズがたくさん紹介されたCD付きの本も試しました。しかし単純なフレーズがただ項目別に並んでいるだけでは、覚えることはできません。

やはり言葉は自然に覚えたいものです。

50代で「小学校英語指導者」の資格を取得した理由
このブログでは私が50代で役立つ、取得すべきと考え、挑戦した資格について、自らの経験から具体的にご紹介しています。今回は「小学校英語指導者」についてお話しします。


映画俳優になったつもりで大げさに演じてみる!

自分が一人で実践してきた練習方法は以下のようなものです。

英会話本で一人芝居

日常でもビジネスでも、できるだけ二人が会話するフレーズがいいです。映画俳優になった気持ちで、大げさに身振り手振りも含めて大きく口を動かすのがいいと思います。



リスニング教材でシャドウイング

これも対話式がいいと思います。英語のフレーズを聞いた後、真似して発音します。これも口元を大きく動かして大げさを意識してください。あまり長いフレーズは覚えられませんし、短すぎても意味がないので、自然な会話のながさを意識して練習フレーズを選んでください。

スピーチの練習

これまではリスニング用の聞き流す教材が多かったように思いますが、最近はスピーキングを鍛える講座や教材も増えてきましたのでオススメします。

日本人の英語は性格なのか、どうしても受け身になって積極的に言葉が出てきません。英語で話すときはもちろん相手の話を聞くことも大切ですが、それ以上にどんどん発信していく積極性が必要です。

また実際の会話では、1回で相手に伝わらなくても、2回3回と言い方を変えて伝えようとする努力で伝わるようになりますし、さらに英語力は身につきます。

ポジティブにいきましょう!

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました